端午とは「月の初めの午の日」という意味の言葉です。
 しかし、午と5が同じ読みをすることから、毎月5日をさすようになり、
いつしか5月5日だけを端午の節句とするようになりました。



端午の節句が初めて記録に登場するのはいつなの?


 
奈良時代、「続日本紀」の中に厄除けのための宮中行事として記録されています。
そのころは、まだ人形や鎧兜を飾る風習はありません。
流鏑馬(やぶさめ)という、馬の上から弓を射る儀式を行っていました。
他にも、皇族や官人に薬草や菖蒲を配ったりしたようです。



世俗権力が皇族や貴族から武士に移ってからはどうだろう?


 鎌倉時代になると、宮中における儀式は廃れていきました。
それに代わって、武士の間で尚武の節句として祝う習慣が広がっていきます。

 
さらに江戸時代に至り、男児の誕生を祝う日へと変化しました。
現代のような五月飾りも現われましたが、戸外に飾っていたようです。
 封建時代であった当事、男児の誕生は家の後継者の誕生を意味していました。
家族にとって、世間に知らしめたいほど、めでたいことだったのでしょう。



そのまま、現代まで風習が続いたんだね


いいえ、そう単純なものではありません。
 明治に入ると、新政府の方針もあって、一時期廃れてしまいます。
しかし、端午の節句は人々の生活に習慣として深く浸透していました。
 
まもなく端午の節句は復活。
今日の私たちの時代まで、受け継がれてきています。




端午の節句小辞典に戻る