端午の節句は、五月人形に鯉のぼりだけではありません。

 僕の愛してやまない甘い脇役たち。
 ここでまとめてご紹介します。




 柏餅

 柏餅は餅に餡をはさんで、柏の葉などで包んだ和菓子。
 5月5日の節句には欠かせない供物です。
 柏は新芽が育つまで古い葉が落ちない特性があり、
 家系が途絶えない(子孫繁栄)という縁起をかついでいるようです。



 ちまき

 餅やもち米を三角形に整え、笹の葉などで巻き、蒸した食品。
 中国伝来で、日本には平安時代ごろ入ってきたとされています。
 笹には整腸作用があり、健康に良い食べ物と考えられてきました。
 『伊勢物語』や『倭名類聚鈔』の中に記述が見えます。

 


 菖蒲(しょうぶ)

 古来から薬草として知られていた菖蒲。
 煎じて飲用とし、腹痛などの治療に使われていました。
 5月5日に菖蒲湯に入るのも無病息災を念じてのことです。
 武家社会では、菖蒲が尚武に通じるとして、とくに尊重されました。





五月人形小事典に戻る